人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

感情認識AIの活用事例

CASE STUDIES

JISA中学校デジタル化プロジェクトでの感情認識AI活用

CACは、一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)による特別プロジェクト(革命プロジェクト)の1つである「中学校デジタル化プロジェクト」に2016年から他社とともに参加しています。

テレビ東京の報道番組でCACの動画分析サービスを活用

テレビ東京の報道番組の中で、米朝首脳会談の分析にCACの技術が活用されました。

動画評価Web調査サービスに感情認識AI「Affdex」を採用

市場調査用・感情解析サービス「Affdex for Market Research」が、広告代理店大手の株式会社東急エージェンシー様の動画評価Web調査サービス「Emotion Capture」に採用されました。

Fight The Stroke

Fight The StrokeはAffectiva社のSDKユーザーで、彼らのプラットフォーム製品Mirrorableは、観察しているだけで人々が運動能力を習得または再学習するのに役立ちます。

Giphy

現存するほとんどの検索エンジンは、今から20年前、インターネットのほとんどがテキストであった時代に立ち上げられました。

eBuzzing

ビデオ広告ネットワークのeBuzzingは、どのような内容が視聴者の感情的反応の最も強い要因となり、どの感情が口コミで広がる広告になるかを特定したいと考えていました。

Brain Power

ブレインパワー・システムは、世界初のAR(拡張現実)スマートグラスシステムです。自閉症患者の方に必要な社会的スキルや認知能力の学習をサポートします。

イベントでの感情認識AI活用

凸版印刷とシーエーシーは感情認識AIをイベントで初活用しました。東京都議会議員選挙PRイベントで2つのAI体験コンテンツを一般公開した事例をご紹介します。

Little Dragon

Little Dragonは、より楽しくより効果的な学習を行うことをミッションにした学習アプリです。

Tega

MITメディアラボで開発されたソーシャルロボット「Tega」は、子供たちの学習をサポートします。

Nevermind

心理的なスリラーゲームであるNevermindはAffectiva社の感情認識技術を使用して、感情的苦痛の兆候のプレイヤーの表情を感知し、それに応じてゲームプレイを適応させます。

MediaRebel

MediaRebel社はAffectivaの感情認識技術を使用した法務ビデオ証言録取管理プラットフォームを提供します。

shelfPoint

CloverleafのshelfPointソリューションは、Affectivaの感情人工知能を小売業で初めて使用するアプリケーションです。

MARS

MARS社とAffectiva社は、顔に出る反応と感情的な反応を販売効果と結びつける最初にして最大の調査を展開しました。

Affectivaの事をより詳しく知りたい方、まずは資料ダウンロードからお気軽にどうぞ。

資料ダウンロード