人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

感情認識AIの活用事例

CASE STUDIES

eBuzzing

ビデオ広告ネットワークのeBuzzingは、どのような内容が視聴者の感情的反応の最も強い要因となり、どの感情が口コミで広がる広告になるかを特定したいと考えていました。

Affdex for Market Researchで、2,600人以上の被験者のウェブカメラを通して撮影した自然な表情反応を分析し、YouTube上の40種類の広告に対する感情的反応を分析した。その結果、被験者の感情従事度とソーシャルネットワークにおける共有性との関連性を見出しました。

結果

AffdexはeBuzzingの広告主のバイラル広告宣伝を最適化するための、深い洞察を提供しました。

調査で判明したこと:

•感情に訴える広告は通常の広告と比較して4倍シェアされる傾向にある

•見ている人を笑顔にするビデオ広告は、約5倍、YouTubeにおいて1億ビューを越えた視聴回数となる傾向にある

•スマート製品のビデオ広告は、通常より3倍視聴者を感情的に従事させる

•スマートブランドは2倍の注目に繋がることが判明した

•映画の後編のビデオ広告は、平均的な映画の予告編と比較して17%興味を持たれにくい

Affectiva社のグローバル規模データベースは、Affdexの感情的従事のスコア調査に基づいて、eBuzzingに特定の広告、例えばエビアンの”Baby & Me”がバイラルに広まることを予測しました。

感情認識AIの活用事例一覧を見る