人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

感情認識の活用事例

CASE STUDIES

Little Dragon

Little Dragonは、より楽しくより効果的な学習を行うことをミッションにした学習アプリです。 Little Dragonは、Affectiva社の感情認識技術ソフトウェア開発キットを使用してArtha社によって作成されました。Artha社は、2015年に香港で設立され、心理学者、教育プロフェッショナル、ゲームデザイナーのチームで構成されています。

学習は感情的な経験であり、ますますコンピュータの利用が増加しています。Little Dragonのミッションはシンプルでパーソナライズされた教育ツールを提供することによって、学習をより楽しく効果的にしました。

Affectiva社の技術を統合することにより、Little Dragonはあらゆる学習者に敏感で反応の良い「教師」役を提供します。Little DragonはAffectiva社のSDK(ソフトウェア開発キット)を使用して、表情、頭の動き、および画面に対する相対的な位置を検出します。アプリは、このデータを他の信号とともに分析し、学習過程に関連する感情を分析します。Little Dragonの人工知能は、ユーザーの状態を調整しながら予測し、子供が学習に取り組み続けられるように促します。

Affectiva社のSDKは、Little Dragonが感情をベースとした学習体験の機能を向上させ続けるのに不可欠な存在です。 中国農村部での試験により、「子供たちは見られ、成果が認められるのが好きである」というArtha社の予測が実証されました。 Artha社は、学習者の感情状態に従って対応するLittle Dragonの機能を改良し続けており、学習者がさらに意欲的に学習に取り組むことが期待されます。レッスンは常に適切なチャレンジレベルに調整され、さらに、Little Dragonを既存の教室に組み入れ、両親及び教師にフィードバックを提供することも可能です。

Artha社は、分析するデータが、学習者が学習方法について、さらには、学習の向上を継続する方法について、前例のない仕組みを提供することが可能です。Little Dragonは、学習と教育の仕組みを自動化、加速化し、真に「グローバル」な教師となる可能性を秘めています。

感情認識の活用事例一覧を見る