人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

感情認識AIの活用事例

CASE STUDIES

MARS

MARS社は、自社の広告が消費者に抱いてもらいたい感情を誘発したかどうか、および広告に対する感情的な反応で販売予測が可能かを知りたいと考えていました。

ソリューション

Affectiva社のAffdex for Market Researchサービス(以下Affdex MRという)を使用して、MARS社とAffectiva社は、顔に出る反応と感情的な反応を販売効果と結びつける調査を展開しました。フランス、ドイツ、英国、米国から1,500人以上が参加して、200以上の広告を閲覧する中で顔に出た反応をウェブカメラが捉え、感情の分析を行いました。。単一ソースデータを使用して、感情的反応が、各製品ライン(チョコレート、ガム、ペットケア、インスタント食品)の販売数量に結びつけられました。

結果

Affdex MRの表情解析と感情分析は、自己予測するよりも短期的な売上をより正確に予測することができました。そして表情解析を自己予測と組み合わせることで、75%の精度で売上予測結果が得ることができました。

Affdex MRを用いて、MARS社は製品ラインアップの中でも、チョコレートの広告が最も感情的なエンゲージメントを引き起こしたのに対して、食品広告は最少であり、市場全体では、感情反応が最も顕著だったのは米国で、英国が最小であるという事がわかりました。

感情認識AIの活用事例一覧を見る

Affectivaの事をより詳しく知りたい方、まずは資料ダウンロードからお気軽にどうぞ。

資料ダウンロード