人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

感情認識の活用事例

CASE STUDIES

Nevermind

心理的なスリラーゲームであるNevermindはAffectiva社の感情認識技術を使用して、感情的苦痛の兆候のプレイヤーの表情を感知し、それに応じてゲームプレイを適応させます。

Flying Mollusk社は、新興技術を使用して愉快でインパクトのあるゲームを作成するゲームスタジオで、Affectiva社の感情検出技術を心理的なスリラーゲーム「Nevermind」に組み入れています。

Affectiva社のUnityプラグインを使用して、Nevermindはプレイヤーの表情に出る感情的苦痛の兆候を検出し、プレイヤーが怖がったり神経質になったりすると、Nevermindはバイオフィードバックを使用して、ゲームをさらに超現実的で難易度の高いものにします。

例えば、プレイヤーがストレスや不安感をコントロールできない場合、部屋が水浸しになったり、スパイクが床から突き出たり、画面がますます高密度になったりすることがあります。しかし、バイオフィードバックアルゴリズムにより、プレイヤーが落ち着いたと判断されると、ゲームはより簡単になり、より寛容になります。これによって、プレイヤーに日常生活におけるストレスや不安感を管理するのに役立つ実際の応用技術が間接的に教授されます。

「ゲーマーとデベロッパーの両方の立場で、私はAffectiva社のアフデックス感情検出技術にこれ以上ないほどの興奮を覚えました。この技術によって、プレイヤーは極めてパーソナライズされた感情に基づくエクスペリエンスを提供するゲームと対話できるだけでなく、開発者としてアフデックスのソフトウェア開発キットを使用して作業することが、この上なく容易になりました。感情的に反応するインタラクティブなエクスペリエンスを生み出すには極めて素晴らしい時代であり、無限の可能性があると見ています。」(エリン・レイノルズ氏、Flying Mollusk社の最高経営責任者兼クリエイティブ・ディレクター)

Flying Mollusk社についての詳細はホームページからご確認いただけます。

感情認識の活用事例一覧を見る