人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

Automotive AI

感情認識AIが実現する
新しい乗車体験

快適な運転環境を構築し安全性を向上するためには、運転者だけでなく同乗者の感情や反応をリアルタイムで把握することが不可欠です。Affectiva 社のAutomotive AI (SDK)は、車内に設置したカメラおよびマイクを利用して表情データならびに音声データを収集し、それらを基にリアルタイムで乗員の感情を分析することを可能とした最先端の車内センシングAIです。ディープラーニングにより精度を向上した世界最大級のデータベースとAffectiva 社独自のアルゴリズムにより、分析はすべてローカル環境で行われます。この技術の活用により、次世代ドライバーモニタリングシステムの構築、快適な自動運転車両の開発、同乗者の反応に応じたまったく新しい乗車体験の提供などが期待されます。

SDK(Linux環境)での提供となるため、自社製品との組み込みが可能です。

車内にカメラとマイクを設置することで映像や音声データを収集し、マルチモーダルな感情分析を実現します。カメラからは映像に映っている人物の表情を、マイクからは発話者の音声を分析し、分析結果は数値データで出力が可能です。RGB/近赤外線カメラの利用が可能なため、車内にカメラを設置し、逆光や暗闇でも運転者の表情を正しく検知することができます。

imgSdkFloat

特徴/概要

〇 表情分析

  • ● カメラの映像(RGB / 近赤外線)から顔の位置を検出・追跡
  • ● 顔画像をピクセルレベルに分割し、表情および感情を分析

〇 音声分析

  • ● 音声動作検出システムにより発話開始を識別
  • ● 発話開始の1.2 秒後からAutomotive AI による分析開始
  • ※上記モデルでは、現在の状況にもっとも近いと判断される予測結果を提示します。

〇 分析指標

  • ● 乗員全員の表情・感情を追跡
    • ・4つの感情値 :喜び、怒り、驚き、Valence(肯定的表情 / 否定的表情)
    • ・8つの表情値 :笑顔、眉を上げる、眉間にしわを寄せる、目を閉じる、頬を上げる、口を開ける、上唇を持ち上げる、鼻にしわを寄せる
    • ・3つの眠気に関する指標 :あくびをする、瞬きをする、瞬きの頻度(1分間の平均値)
    • ・ヘッドポジション指標 :上下、左右、前後の向き(ピッチ、ヨー、ロール)
    • ・3つの音声感情 :怒り、笑い、興奮

Affectivaの事をより詳しく知りたい方、まずは資料ダウンロードからお気軽にどうぞ。

資料ダウンロード