人の感情を認識するAI「Affdex」 - Affectiva × シーエーシー

お問い合わせ・ご質問
ライセンスのお申し込み

Affdex SDK

感情認識AI開発キットの
ライセンス提供サービス

Affdex SDK(Affdex Software Development Kit)は、貴社の製品やサービスに感情認識AI「Affdex」を実装するためのソフトウェア開発キットで、Windows、Android、iOS、Linuxに対応しています。開発者の使いやすさを重視して作成されており、セットアップ作業も通常数時間程度で終了するため、導入も容易。軽量かつ高速なライブラリにより、ネット接続のないローカル環境においても感情データを少メモリ容量で高速に処理できます。また、APIによりクラウドベースでパワフルな機能を実現することも可能です。

imgSdkFloat
Affdex SDKはソフトウェア開発キットです。貴社サービスへの実装には自社内でのソフトウェア開発が必要となります。
まずはトライアルキットにて、自社での開発が可能かどうかご確認ください。

特徴/概要

〇 ネットワーク接続のないローカル環境でのスタンドアローン実行が可能

〇 リアルタイム分析、事後分析の両方に対応

〇 複数人の表情・感情を同時に分析可能

利用可能な画像タイプ

  • ● カメラ映像:デバイスに接続されたカメラからのリアルタイム映像
  • ● ビデオファイル:事前に撮影・録画した動画
  • ● 写真:事前に撮影した静止画

対応プラットフォーム/動作要件

  • ● Windows、Android、iOS、Linux に対応

検知可能な項目

  • ● 21種類の表情
  • ● 7種類の感情
  • ● 2種類の特殊指標(Valence[肯定的表情/否定的表情]、およびEngagement[表情の豊かさ])
    ※ 検知結果は0 ~ 100 の数値(肯定的/ 否定的は-100~+100 の数値)で表示されます。
  • ● 外見的特徴(年齢層、性別、エスニシティ、メガネの有無)
  • ● その他、顔ランドマークの座標点やヘッドポジション指標など
    (詳細はMETRICSページをご参照ください。)

ライセンス

ライセンスには「開発者年間ライセンス」「商用年間ライセンス」「アカデミック年間ライセンス」があり、主な利用条件は以下の通りです。

トライアルライセンス

無償
60日間有効

開発者年間ライセンス

300万円 / 年
10 デバイスまでインストール可

商用年間ライセンス

ご利用用途に合わせて個別見積もり

アカデミック年間ライセンス

60万円 / 年
5デバイスまでインストール可

ライセンス

ライセンスには「開発者年間ライセンス」「商用年間ライセンス」「アカデミック年間ライセンス」があり、
主な利用条件は以下の通りです。

ライセンス種別 料金(税別) 備考
トライアルライセンス 無償 60日間有効
開発者年間ライセンス 300万円 / 年 10デバイスまでインストール可
商用年間ライセンス ご利用用途に合わせて個別見積もり
アカデミック年間ライセンス 60万円 / 年 5デバイスまでインストール可

対応プラットフォーム/
動作要件

感情認識AI「Affdex」のSDKは、Windows、iOS、Android、Unity、Linuxといった数多くの主要プラットフォームに対応しています。
また、SDKによる組み込みの他、クラウドベースで同機能を利用できるAPIも提供しています。

Windows

ハードウェア
プロセッサ:2 GHz
RAM:1 GB
最小空き容量:950 MB

ソフトウェア
以下のランタイムが必要
・Visual C++ Redistributable runtime for VS 2013
・Microsoft .NET framework v 4.0 (.NET SDKのみ)

対応
Windows 7以降

Android

ハードウェア
プロセッサ:1.5 GHz Cortex-A53クアッドコア
RAM:1 GB

ソフトウェア
Android API 16 以降が動作すること
開発環境でJava 1.7以降が必要

対応
Android 4.4以降

iOS

ハードウェア
iOS: iPad Air以降、iPhone5s以降

ソフトウェア

対応
iOS 9 以降

Linux

ハードウェア
プロセッサ:2 GHz
RAM:1 GB
最小空き容量:950 MB

ソフトウェア
Linux
以下のランタイムが必要
libcurl/libopenssl/libuuid
ARM
 
対応
Linux
Ubuntu 16.04/GCC v5.4.x
CentOS 7/GCC v4.8.x
ARM
Ubuntu 16.04 /GCC v5.4.x

対応プラットフォーム/動作要件

感情認識AI「Affdex」のSDKは、Windows、iOS、Android、Unity、Linuxといった
数多くの主要プラットフォームに対応しています。
また、SDKによる組み込みの他、クラウドベースで同機能を利用できるAPIも提供しています。

プラットフォーム ハードウェア ソフトウェア 対応
Windows プロセッサ:2 GHz
RAM:1 GB
最小空き容量:950 MB
以下のランタイムが必要
・Visual C++ Redistributable runtime for VS 2013
・Microsoft .NET framework v 4.0 (.NET SDKのみ)
Windows 7以降
Android プロセッサ:1.5 GHz Cortex-A53クアッドコア
RAM:1 GB
Android API 16 以降が動作すること
開発環境でJava 1.7以降が必要
Android 4.4以降
iOS iOS: iPad Air以降、iPhone5s以降 iOS 9 以降
Linux プロセッサ:2 GHz
RAM:1 GB
最小空き容量:950 MB
Linux
以下のランタイムが必要
ibcurl/libopenssl/libuuid
Ubuntu 16.04/GCC v5.4.x
CentOS 7/GCC v4.8.x
ARM
 
Ubuntu 16.04 /GCC v5.4.x

Affectivaの事をより詳しく知りたい方、まずは資料ダウンロードからお気軽にどうぞ。

資料ダウンロード